すり合わせが出来る寛大な熟女セフレとのセックス

一見すると、若い女性の方がいいという風に思う人も結構いるのですが実はセックスを本当にしてみると若い子よりも熟女の方がいいということも結構あるんです。

普通にセックスをしてみれば、熟女をセフレにするということの方がいろんな意味で満足することが出来ることがとても多いのです。

私も、一度熟女とピュアアイで知り合い一度限りだと思ってセックスをしてみたのですが、これはセフレにしたいと思うくらい若い女性とのセックスとは全然違う魅力があったんです。

私の熟女のセフレのいいところとは

熟女セフレ

とにかく、若い子よりもある程度年が行っている方がセックスに対しての強い欲求もありますし、何より精神的にある程度落ち着いているような人が多いので男性側のセックスの要求を叶えてくれる人が多く、男性が割かしわがままを言うことができることが多いのです。

実際、私のセフレもかなりそういった部分で寛大な女性で熟女らしい落ち着きと、広い心を持っていて基本的にセックスをする時なんかも先に此方にやりたいことを聞いて来てくれる人なんです。

だからこそ、此方も相手がしたいことを自分から聞くようになったりしていいセフレとしての関係を作ることが出来ているんです。

やっぱり、セフレはお互いのことを尊重しなければいけませんからね。

お互いやりたいセックスを優先しあえるから楽しい

実際に、最初にセックスをやる前にやりたいことを話し合うことができるからこそ、実際セックスをするために待ち合わせをしたら色々ともめたりせずにそのままセックスに入って互いのやりたいことをすり合わせることが出来るわけです。

特に、セックスをする時にはプレイを一緒にすり合わせをしているから自然な流れで流れを停めることなくセックスを続けることができるので、気分が盛り下がったりしないというところが彼女とのセックスで私が最も満足しているところです。

実際のセックスもやっぱり気分を盛り上げたまま出来るので、興奮度も高いです。

ストレスを解消したい!女のコの欲求を満たした結果

恋人や友達募集が多い出会い系サイトピュアアイを利用して、年下のセフレが出来たのは、今から5年も前のこと。

相手は就職活動を控えた女子大生で、8歳も年下だったこともあり、最初は何となく罪の意識を感じてしまい、休日の昼間に食事をするだけのデートを重ねました。

デート

5回目のデートで、思い切って「何故、出会い系サイト ピュアアイ で【割り切った関係】を求めていた自分にアクセスしてきたのか?」と尋ねると、「就活によるストレスを発散できる場所が欲しい」との回答。

僕自身も就活の時、親の期待を一身に背負っていたこともあって、面接に落ちる度に、大声で叫びながら思い切り暴れまわりたい衝動に駆られた経験があり、彼女の気持ちは容易に理解できました。

その話題をきっかけに、学校での出来事、友人や両親への愚痴などを含め、僕たちの会話は大いに盛り上がり、どんどん打ち解けて行ったのです。

7回目のデートで、彼女の気持ちを何度も確かめてから、ラブホではなく自宅に招き、初めてのエッチ。

エッチ

処女だと言う女のコの恥じらいや声を出すまいと堪える様子に、何とも言えない歓喜と興奮を覚え、僕は夢中で若い肌に舌を這わせた記憶があります。

その後月2回のペースで彼女は家に来るようになり、他愛もない話をし、エッチを充分に楽しんで帰るというセフレ関係が未だに続いています。

僕には現在恋人がいますが、セフレがいるからこそ恋人に優しく寛容になれる面もあり、なかなか関係を断ち切ることが出来ない点が唯一の悩み。

お互いに恋人ができたら終わりにしようと話し合っていますが、実際にどうなるかは僕たち次第だと思っています。

セフレを作るにはpure-iが1番いいです。

婚活もできるし、実際に婚活パーティーやカップリングパーティーに足を運ぶこともできます。

ピュアアイ 口コミ

酔っ払った勢いで知らない男とエッチした話

私は社会人になって間もない23歳のOLをしています。

ある日、中学時代からの親友の女友達と飲みに行って、久しぶりの再会ということもあり、話が盛り上がり、ついついお酒を飲み過ぎてしまいました。

今回はその時に起こったエッチな体験談について話します。

しかし、次の日はお互い用事がったこともあり、終電には帰ることにしました。

友達とは一駅離れているということもあり、友達が先に降りてしまうので帰りは一人で駅から歩いて帰ることになりました。

一人暮らしの部屋の最寄り駅で降りた時には、酔いと電車の揺れのせいで気持ち悪くなってしまい、改札を出てすぐある駅の外のベンチで横になって風にあたりながら休んでいました。

終電ということもあって、たくさんのサラリーマンの人たちがおりていく中で、親切な一人の男性が「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれて、酔っ払ってフラフラな私を近くにある公衆トイレまで連れて行ってくれたのです。

終電

知らない人にまで迷惑をかけて申し訳ないと思いながらも、気分が悪くそれどころではない私は、トイレに入るや否や吐きました。

車椅子でも入れる多目的トイレだったので、その親切な男性は中まで入ってきており、なぜか鍵をかけたので『優しいけれど、気持ち悪いな』と思いましたが、それどころではなく、こみ上げてくる吐き気をこらえるのに必死でした。

その親切な男性は、「全部吐いたほうが楽ですよ」と背中を擦ってくれて、ほとんどはけたのでだいぶ体も楽になり、洗面台で口をゆすいで、申し訳なかったのと、ちょっと怖かった私は「ありがとうございます。もう大丈夫ですよ」と言うと男性は、「無理しない方がいいですよ」と身体をを密着させて後ろから抱きしめられて胸を揉んできたのです。

酔っていても理性のあった私は「やめて下さい」と抵抗をしましたが、お酒の酔いと恐怖で身体が動かずされるがままにされてしまい、「エッチなカラダしてるね」と耳元で囁彼ながら体をいじられはじめたのです。

男性は息を荒くして私のタンクトップを捲りあげて、ブラをはずし、胸を揉んできて、目の前の鏡に、知らない男性に揉まれている私のFカップが写り、不幸なことにその姿を見て興奮してしまいました。

しかし、体は疲弊しきっており、抵抗しようにも力が入らず、膝がガクガクしてきてへたり込みそうになるのを男性に抱えられてる状態で、捲り上がったスカートの上から知らない男性の硬くて熱いものが押し付けられました。

「やめて」と言う間もなく、Tバックを横にずらされて一気に挿入されました。

公衆トイレ エッチ

この状態に恐怖を感じながらも知らない男性に侵されている自分を鏡越しに見て、自分自身も興奮していたこともあり、異常なほどにも濡れており、男性には後ろから激しく突き上げられました。

久しぶりの男性の感触を思い出すように快感に支配され始め、抵抗もせずにされるがままに犯され、凄く感じてしまいました。

バックで突かれるエッチな音と押し殺した私の喘ぎ声がトイレに響いており、それにまた興奮してしまいました。

そんな様子を見て男性はエッチがエスカレートして、どんどん勢いよくついてきます。

初めは痛かったり、恐怖心も最終的には興奮に変わり、私自身も自ら腰を振って、相手の欲望を受け入れてしまい、最後には思いっきり知らない男性のフィニッシュを顔に出され、そのままお掃除フェラをさせられ、その男性は帰って行きました。

恐怖と興奮からか私はその場からなかなか動けず、家に帰るまでは時間がかありましたが、毎日使う駅ということもあり、酔っ払って帰るときにこの公衆トイレの前を通ると今でも、思いだしてムラムラしてしまいます。

いけないことだとわかっているのですが、またあの状況であの男性に犯されたいなと思ってしまう自分もいます。

出会い系サイトピュアアイを使ってセフレを見つけようか悩み中です。